チェルシー移籍か!?日本代表武藤嘉紀のプレースタイルは?

チェルシー移籍か!?日本代表武藤嘉紀のプレースタイルは?

スポンサーリンク

武藤にJリーガー史上最高移籍金オファー!!FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)に対し、英プレミアリーグの強豪チェルシーから、Jリーガー史上最高額となる移籍金400万ポンド(約7億1600万円)での正式オファーが届いていることが8日、明らかになった。一部報道を受け、クラブ幹部が明言した。ただ、クラブ間での合意はなく、武藤本人も「光栄」としながらも、移籍に関する話題はいったん封印し、目の前の試合に集中する考えを示した。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/9985559/

 

この話、お得意の”飛ばし”と思ったのにホントだったんですね。びっくりです。

 

もしホントに移籍する事になったら、上記のとおりJ史上最高額の移籍金とプレミアリーグ王者最有力の強豪チェルシーの仲間入りですね。

 

数年前までは考えられなかった日本人のビッグクラブへの移籍。ホント驚きですよ。

 

と言う事で今回は、FC東京所属の武藤嘉紀選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 プロフィール

武藤嘉紀(むとうよしのり)

1992年7月15日生まれ

身長:179cm 体重:72kg

所属:FC東京(東京都)

 

前代表監督のアギーレジャパンで代表初ゴールを記録。しかもこのゴールがアギーレジャパンの記念すべき1号弾となりました。

 

このゴールで強烈なインパクトを残し、その後、日本代表へ定期的に招集されるようになりました。

 

▼その時のゴールはコチラ▼

 

プレースタイル

武藤選手の特徴はドリブルのスピード・キレ、抜群のボディバランス、そして決定力の高さです。

 

ドリブル突破からチャンスを作り出すサイドアタッカーでありながら、自らゴールを狙う事が出来るフィニッシャーでもあります。

 

得意なポジションは主に左サイドのウイング(サイドハーフ)。また、ワントップやツートップも出来ます。まあ、現代版のウインガーですね。

 

似たようなプレイスタイルは日本代表で言えば香川、宇佐美など。海外選手ではクリロナに近いかと。

 

まあ、香川よりはスピードがあり自ら得点を奪いに行く感じですね。

 

また、体の線が細いように見えて細マッチョで意外とフィジカルあり、このまま成長していけば将来的にはやばいドリブラーになりそうですね。

 

プレー動画

 

 

闘争心が強く、相手に物怖じせずにガンガン突っ込んで行くスタイルは今の日本代表では希少です。

 

思いっきりの良いシュートもあるし若手ながら日本代表を引っ張っていく存在になるかも。。。

 

今後の活躍に注目ですね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

武藤選手は、日本代表に足りない思いっきりの良さ、チャレンジ精神。これらを持ち合わせた選手です。

 

複数のポジションをこなせドリブル、シュートも光るものがある。

 

今後、日本代表を引っ張っていく存在になる日もそう遠くないと思います。

 

また、今後の展開として、もしチェルシー移籍が実現するとかなり厳しい競争が待ち受けてるかレンタル移籍の可能性が高いです。

 

武藤選手が得意とするポジションは各国代表エース級の選手であるアザール、オスカル、ウィリアンなどモンスター達がひしめきあっています。

 

どう贔屓目に見ても、このモンスターたちの方が実力的に間違いなく数段上です。はっきり言って、ベンチ入りできるかも怪しいです。

 

そんな中、腐ることなく成長できるかは分かりませんが、スター選手達とプレーする事で化ける可能性もあります。

 

移籍するのか否か、どちらにせよ注目すべき選手ですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ