梅雨(つゆ)はなぜ「梅」と「雨」なのか?その由来とは?

梅雨(つゆ)はなぜ「梅」と「雨」なのか?その由来とは?

スポンサーリンク

なぜ「梅」と「雨」なのか。

 

今まで1度ぐらいはみんなそう思った事はあるのではないでしょうか。雨が続く今日この頃、「梅」と「雨」は何か関係しているのでしょうか。ふと疑問に思ったので簡単に調べてみました!

 

▼こちらもおすすめ▼

【梅雨】お金をかけずに出来る!湿気対策に使えるアイテムとは?

 

スポンサーリンク

そもそも梅雨とは?

梅雨(つゆ)はなぜ「梅」と「雨」なのか?その由来とは?

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E9%9B%A8

 

梅雨とは、5月~7月にかけて中国長江下流域から朝鮮半島南部、北海道と小笠原諸島を除く日本列島に見られる曇りや雨の日が多い時期の事で、雨季の一種です。

 

北側の気団(揚子江気団とオホーツク海気団)と南側の気団(熱帯モンスーン気団と小笠原気団)が中国・朝鮮半島・日本上空でひしめき合います。

 

北と南の気団が衝突すると、東西数千キロに渡って梅雨前線が発生します。この前線付近では断続的に雨が1~2カ月以上続く地域もあります。その後前線はゆっくり北上していきます。

 

梅雨の名前の由来

梅雨は、「ばいう」として中国から伝わった言葉のようです。どの年代に伝えられたかは不明ですが、江戸時代頃に読み方が「つゆ」になったそうです。不思議ですね。

 

梅雨の語源や由来についてですが、様々な説があります。

  • 中国では黴(カビ)が発生しやすい時期の雨と言う意味の「黴雨(ばいう)」から、「黴(カビ)」では語感が悪いので同じ音で季節に合った「梅(ばい)」が使われたという説。
  • 梅が熟する時期の雨と言う意味で梅雨としたという説。
  • 毎日雨が降るから「毎」という字に当てたという説。

 

また、日本で「つゆ」と言う読み方になった由来も、「露」にかけたものや、梅が熟し潰れることから「潰ゆ」にかけたものなど様々な説があります。

 

昔から梅雨はあったはずなのに語源や由来は未詳部分が多いです。

 

お金をかけずに出来る湿気対策

湿気対策といえば、除湿器がありますが、それ以外にもお金をかけずに、且つ手軽にできる方法があります。

下記の記事では、お金をかけずにできる湿気対策についてまとめてますので、あわせてご覧ください。

【梅雨】お金をかけずに出来る!湿気対策に使えるアイテムとは?

 

まとめ

梅雨(つゆ)はなぜ「梅」と「雨」なのか?その由来とは?

 

いかがでしょうか。やはり漢字から見ても「梅雨」は「梅」と関係あったっぽいですね。詳細は不明ですが。

 

梅雨の時期になるとジメジメしてすっきりしない日々が続きますが、しっかり対策して梅雨が終わり夏が来るのを楽しみに待ちましょう。

 

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ