フレームの形が重要!サングラスの選び方のコツを紹介!

フレームの形が重要!あたなに似合うサングラスの選び方のコツを紹介!

スポンサーリンク

サングラス。それは、おしゃれアイテムであり、夏の眩しい日差しから目を守ってくれる頼もしいアイテム。

 

これから日差しが強い日々が続くので1つは持っておきたいところですが、サングラス選びって意外と難しい物です。いざかけてみると「何か似合わない・・・」ということも結構あったりします。

 

と言う事で今回は、自分の顔に合ったサングラス選びのコツを紹介します!

 

▼こちらもおすすめ▼

なんか変・・・サングラスが似合わない理由とは?

 

スポンサーリンク

サングラス選びのコツ

サングラスはフレームの形やレンズの色が豊富でいろんな種類があり、その中から自分に似合う物を選ぶのは結構難しい物です。そこで今回はサングラス選びの3つのポイントを紹介します。

 

1:顔の輪郭と異なるフレームを選ぶ

顔の輪郭と同じ形のフレームを選ぶと、コンプレックスに思う部分が強調されバランスが悪くなってしまうため、そこを補うと言う意味で顔の輪郭と異なるフレームを選びましょう。

 

たとえば、丸顔の場合は太めのフレームのスクエア型のサングラスがおすすめ。顔の輪郭がぼやけて、丸顔が気にならなく人の目に映るんだそうです。

 

といった具合に、顔の輪郭と異なるフレームを選びましょう。

 

2:フレームの幅を顔幅に合わせる

たとえば、顔の大きい人が小さなフレーム、レンズのサングラスを選ぶとさらに顔の大きさが強調される。という感じで、サングラスのフレームの幅を顔幅に合わせないとバランスが悪くなります。逆もそうですね。顔が小さい方が顔の幅より大きなサングラスをするとバランスが悪くなります。

 

顔幅に合ったフレームなら、自然でスマートな印象になるので、フレームの幅は顔幅ぐらいのものを選ぶという事を意識しましょう。

 

3:眉のラインに合わせる

眉のラインに合わせる。かなり重要です。

 

以前紹介した「サングラスが似合わない理由」にもまとめましたが、眉のラインとフレームのラインが合っていないと不自然な印象を与える為、サングラスが似合わなくなります。

 

眉とフレームのラインが重なる、もしくは眉が少し隠れるぐらいが顔に馴染みやすくなるので、眉のラインを意識しましょう!

 

顔の輪郭に合うフレームを選ぶ

フレームの形が重要!あたなに似合うサングラスの選び方のコツを紹介!

出典:http://www.zoff.co.jp/

 

上記でも紹介しましたが、サングラス選びのコツは”お顔の輪郭と逆のフレームを選ぶ”ことです。

三角顔・四角顔の方は丸みのあるタイプを。丸顔の方はエッジの効いたものを選ぶようにしましょう。

 

レンズのカラーも重要!

レンズのカラーはフレームを選ぶ時と同じくらい重要です。

レンズの色によって印象も変わるので、使用するシーンに応じて、カラーレンズを選んでみてはいかがでしょう。

 

ブラウン系

ブラウン系は日本人の肌の色に一番合った人気カラーです。眩しさ防止・コントラスト効果もあり、曇りの日のドライブやゴルフなどのフィールドスポーツに最適です。

 

グレー系

グレー系はブラウン系の次に人気です。クールで大人な印象を与える色で、眩しさ防止効果が高い上に、色調変化が少なく自然な景色が楽しめます。ドライブやマリンスポーツにおすすめ。

 

ブルー系

ブルー系は、夏の定番カラーで、クールでスポーティな印象です。眩しさを感じる黄色やオレンジを調和し眩しさを抑えます。

 

グリーン系

グリーン系は、コントラストを下げ過ぎずに、眩しさを”良い感じ”に抑える事ができます。海、山、空にと幅広い用途に使用でき、目元は肌色が明るく優しい印象をあたえます。

 

オレンジ系

オレンジ系は視界を明るくするカラーで、曇りや雨の日、夕方など視界が悪い時にむいてます。インドアスポーツなどにも最適ですね。

 

まとめ

フレームの形が重要!あたなに似合うサングラスの選び方のコツを紹介!

 

いかがでしょうか。一口にサングラスと言っても様々な種類がありるので、自分に合った物を選ぶのは少し難しいですが、この記事を参考にお気に入りのサングラスを見つけてください!

 

▼こちらもおすすめ▼

なんか変・・・サングラスが似合わない理由とは?

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ