【動画あり】柔道の神様!三船久蔵が凄すぎw

【動画あり】柔道の神様!三船久蔵が凄すぎw

 

世の中には、

「○○の達人」「○○の神様」

と呼ばれる人たちがいますね。

 

一つの物を極めた達人で、

その道を志す者にとっては

本当に「神様」のような存在です。

 

達人や神様と呼ばれる人たちは

スポーツ選手や格闘家に多くいます。

 

その中で今回は、

「柔道の神様」と呼ばれた

三船久蔵氏について調べてみました。

 


Sponsored Link




 

 

プロフィール

三船久蔵

1883年4月21日―1965年1月27日

 

世界でたった15人しかいないとされる

柔道十段という段位を手にした達人。

 

身長159cm、体重55kgの小柄な体格だが

自分より2回り大きな相手を簡単に

投げ飛ばす事が出来ました。

 

彼が編み出した技は数多、

その中で今も昔も彼だけしか出来ない

唯一無二の技「空気投げ」もあります。

隅落とし(空気投げ)とは

隅落とし(空気投げ)とは、柔道の決まり手66のうちの1つです。体捌きだけで相手の重心を崩して、柔道着を持った手以外は相手に触れずに投げます。一般的には空気投げと呼ばれますが、バケツで水をまく動作に似ていることから「バケツ投げ」と呼ばれることもありました。

なお、合気道にも「隅落とし」という技がありますが、柔道の隅落としとは別の技です。

引用:http://www.kuukinage.com/kyuzo.html

▼三船久蔵十段の実戦動画▼

 

まとめ

三船久蔵十段 ハンパないですね。

勝てないと言うか、技を掛けられないですね。

 

まさに「柔よく剛を制す」と言う言葉を

体現している人物だと思いました。

 

何事も極めたら凄い事になりますね。

 


Sponsored Link




 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ