【2015年】鏡開きはいつ?その意味や由来とは?

【2015年】鏡開きはいつ?その意味や由来とは?

 

正月には鏡餅を飾りますが、正月が終われば鏡開きをしますね。

 

ところで、鏡開きはいつするのか分かりますが?

どうやら全国同じ日にちではないようです!

 

鏡開きの意味や由来、いつやるのかなど、

今回は鏡開きについて調べてみました。

 


Sponsored Link




 

 

2015年の鏡開きはいつなの?

2015年の鏡開きの日にちは、1月11日(日)です。

毎年かわるものではなく、どの年でも1月11日となっています。

 

ですが、関西では1月15日に行われる事が多く、

また、京都や近隣の一部地域では1月4日に行われるそうです。

 

鏡開きは地域の習慣に合わせて行うようにしましょう。

 

地域によって鏡開きの日にちが違う理由とは?

鏡開きは一般的に松の内の後に行われます。

 

松の内とは、門松・しめ縄などお正月飾りを飾っておく期間の事で、

その間は年神様が家にいると考えられています。

 

松の内の期間は、関東は1月7日、関西は1月15日までとなっています。

 

 

本来の鏡開きの日にちは1月20日でしたが、

徳川家光が1月20日に亡くなったのをきっかけに日にちが変わります。

 

関東近郊では20日を忌日として避けるようになり、これに伴い鏡開きの日にちは1月11日になりました。

 

また、元々全国的に1月15日までだった松の内の期間も、1月7日に変更されました。

 

この風習が広まらなかった関西では、鏡開きが1月15日や20日に行われているそうです。

 

▼徳川家光が亡くなった事で日付変更

  • 松の内:1月15日⇒1月7日
  • 鏡開き:1月20日⇒1月11日

 

鏡開きでのマナー

本来、鏡開きは、正月に神仏に供えていた鏡餅を下げて、それを食べるのが風習です。

 

お供え物には神仏の力が宿ると考えられ、感謝しながらそれを食べ、無病息災を祈願していたそうです。食べる時は一般的にはお汁粉やお雑煮にしてるそうです。

 

ここで一つだけ注意があります。

鏡餅を刃物で切るのは厳禁です。

 

元々、鏡開きは武家社会の風習として広まったものです。

刃物で切ると言う事は切腹を連想させ、神仏の力が宿った餅に刃物を向けるのは失礼な事とされています。

 

鏡餅は、木槌で開くことが縁起が良いとされてるので、木槌で割るようにしましょう

 

まとめ

いかがでしょうか。

鏡開きの由来やマナーなど、知らない事が結構ありましたね。

お供えした鏡餅は下げるだけでなく、食べましょう。

そして、餅を食べすぎて正月太りにならないように気をつけましょう!

 


Sponsored Link




 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ