【暗黙のルール】意外と知らない高速道路のマナーやルール!

【暗黙のルール】意外と知らない高速道路のマナーやルール!

スポンサーリンク

普段から高速道路を使う方はもちろん、長期休暇で旅行や帰省の時に使うだけって方にも読んでほしい”高速道路でのルールやマナー”について紹介します。

 

▼こちらもおすすめ▼

【渋滞回避】高速道路の空いてる時間帯はいつ?

 

スポンサーリンク

高速道路での法定速度

知ってる方も知らない方も法定速度について確認の為に紹介します。

  • 大型乗用自動車
  • 普通自動車(三輪のものを除く)
  • 大型自動二輪車
  • 普通自動二輪車

上記の車両は最高速度100km/時です。

また、上記以外の車両と他の車をけん引する車両は最高速度80km/時となっています。

 

高速道路でのルール

法定速度を守る

当然ですが法定速度を守る事。でも意外とみんな踏んで速度超過する事も多いですよね。

 

どうやら高速道路での死亡事故の約12%が速度超過によるものとなっております。これまで事故に遭っていないだけであってその危険性は十分にあります。特に天気が悪い時はこの危険性がさらに高くなります。

 

高速道路はもちろん、一般道路でも法定速度は守るようにしましょう。

 

十分に車間距離をとる

前の車が急ブレーキしてドーン…なんて事にならないように車間距離は十分とりましょう。

 

特に雨の日は注意が必要です。路面が濡れて、普段なら余裕で止まれる距離でも制動距離が延び事故につながります。また、雨の日の死亡事故発生率は晴れの日の約3倍となっております。

 

路面が濡れている状態では制動距離が約2倍に伸びるので、十分車間距離をあけるようにしましょう。

 

無理な割り込みはしない

高速道路を運転していて個人的にはこれが一番怖いですね。

 

入れるほどスペースを空けていないのに無理やり入ってくると、急ブレーキ&急ハンドルを切ったりで、危うく事故につながりそうになった事もありました。

 

一般道路もそうですが、、無理な割り込みは急ブレーキや急ハンドルで事故につながる可能性が高いので、無理な割り込みはしないように気を付けましょう。

 

駐停車禁止

高速道路上は道路交通法により、駐停車禁止となっています。

 

電話がかかってきたから路側帯に止める。と言うのも禁止です。高速道路で停車する場合は、故障などやむを得ない場合や危険防止のため一時停止する時や、料金所ぐらいです。

 

違反した場合は道路交通法により罰則があるかもしれませんので注意しましょう!駐停車する場合は基本的にはサービスエリアやパーキングエリアを利用しましょう。

 

路肩走行禁止

路肩や路側帯は車が故障した時などにやむを得ず一時停止したり、事故が発生した場合、緊急車両が走行する事があります。

 

路肩が塞がっていると緊急車両が通れなく救助活動の妨げとなりますので、渋滞しているからと言って路肩を走るのはダメですね。

 

追い越し車線(一番右の車線)を走り続けない

追い越し車線を長い間ゆっくり走る車。たまに見かけます。実はこれ違反です。

 

追い越し車線は本来”追い越しをする為に走る車線”です。追い越しが終わり元の車線に戻ることができるのに、追越車線をそのまま走り続ける事は違反となります。

 

追い越しが終わったら元の車線に戻るようにしましょう。

 

渋滞の時はハザードランプで後続車に合図を

高速道路が渋滞して自分が最後尾にいる場合は、ハザードランプで後続車に合図を出しましょう。

 

これにより追突の危険性も低くなり、後続車も”これ以上前に進めないな”と気付く事が出来ます。

 

このような「暗黙のルール」は教習所じゃ教えてくれないので自分で経験するしかないですね。

 

パッシングやクラクションについて

追い越し車線を走っていると後続車にパッシングやクラクションを鳴らされることもあります。

 

これは一般的に、相手が”追い越しをしたい”という合図となっています。上記でも説明しましたが元の車線に戻れるにもかかわらず追い越し車線を走行し続けるのは違反です。

 

中にはこのルールを知らず、追い越し車線をゆっくり走って後ろを詰まらせている方もいます。このような場合はパッシングやクラクションで注意を促してもOKですが、どちらも気分が良いものではないので”絶対にしましょう”とは言え無いので難しいところではありますが、臨機応変に対応しましょう。

 

もちろん、それ以外の場面でやるとただの迷惑行為なのでやってはいけませんよ。

 

まとめ

【暗黙のルール】意外と知らない高速道路のマナーやルール!

 

いかがでしょうか。普段あまり高速道路を使わない方は高速道路を利用する前に一度ルールやマナーについて確認しておきましょう。

普段から利用する方はいつも通り安全運転を心掛けましょう!

 

▼こちらもおすすめ▼

【渋滞回避】高速道路の空いてる時間帯はいつ?

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ