噂のヤギゲーことGoat Simulator(ゴート・シミュレーター)がMMO化

噂のヤギゲーことGoat Simulator(ゴート・シミュレーター)がMMO化

 

みなさん、ヤギは好きですか?

好きな人もそうではない人も要チェック!!!

 

2014年で最も”バカらしい”ゲームを紹介します。

 

白ヤギを操作して、小さな街の様々な人々や物をどんどんドツき合うゲーム。

通称ヤギゲーこと、Goat Simulator(ゴート・シミュレーター)。

 

始めはジョークとして作られたゲームでしたが、

youtubeに動画をアップしたところ人気爆発!!

 

そして今回MMO化までしちゃいました。笑

 

※MMOとは、、、、

オンラインゲームの一種。

複数のプレーヤーが世界中から同時参加できるゲームの事です。

 

今や大人気のゴートシミュレータ。

一体どのようなゲームなのでしょうか!!

なぜヤギなのでしょうか!!


Sponsored Link




 

Goat Simulator(ゴート・シミュレーター)

なぜヤギ!?笑

まず始めに、みんなが疑問に思いますね。

 

このゲームはスウェーデンのゲーム開発会社Coffee Stain Studios

”次世代ヤギシミュレータ”らしいです。笑

「もし街中にやや不死身のヤギ(ウシ科ヤギ属)が現れたらどうなるか」をシミュレートできるそうです。間違いなくバカゲーです。

 

このゲーム、どうやら初めは”ジョーク”で作られたそうです。

元々「1ヶ月でゲームを作ってみよう」という趣旨で制作されたゲームだが、Youtubeに投稿されたα版のプレー動画がきっかけでゲーム製品化の希望が殺到。結果、ゲーマー達のヤギ愛がSteamをも商品化へ動かした。
そんな経緯なので、開発側も「10ドル払うならフラフープやレンガを買うほうがマシだぞ!」と警告を惜しまない。

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/goat%20simulator

アイディアが斜め上を行ってますね。

常人ではなかなか理解できません。笑

 

また、ゲーム内には大量のバグが残っているらしいです。

そんな経緯もあってかなりのバグが残っている…どころか、公式の「特徴」に「大量のバグ」(MILLIONS OF BUGS)と特記されている。

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/goat%20simulator

そりゃ1カ月で作ったらそうなりますよね。

今回、MMO化されたパッケージでバグは直されたのか気になりますね。

正式に作られたから大丈夫とは思いますが心配です。笑

 

主な内容(steam公式より)

・ヤギになることができます。

・モノを壊すことに対してポイントを得てください。

あなたが最高のヤギであることを友達に自慢してください。

・スチームワークショップサポート

自分自身のヤギ、レベル、ミッション、ゲームモードなどを作ってください!

・多くのバグあり! 故障するようなバグのみを除いてます。

その他の全ては愉快なものなので残してあります。

・いつでもキレるようなゲーム内の物理特性

・ヤギの首を真剣に見てください。

・ヤギになることができます。(重要なので二回言いました)

 

やはりこのゲームの一番の売りは”ヤギになれる事”ですね。

「そんなにみんなヤギになりたいのか?」と疑問に思っている皆さん。

自分だけでなく、みんな疑問に思っています。笑

 

「多くのバグあり! 故障するようなバグのみを除いてます。その他の全ては愉快なものなので残してあります。」←これすごいですね。笑

「バグだけど面白いからそういう演出ってことで」て事ですよね!!?面白ければそれでいい。自由で素晴らしい発想だと思います。

 

Goat MMO Simulator – Official Trailer

 

今回、MMO化するにあたり公式のトレイらーが公開されました。

相変わらずハチャメチャな世界観を垣間です。

 

また、羊とヤギの勢力間ゲームプレイや、クエストが実装されています。

さらにクラス制を採用し、ウォーリアー、ローグ、マジシャン、ハンター、

そして白物家電の化身・電子レンジになれるらしいです。

 

まとめ

斜め上を行くゴートシミュレーター。

今回新たに電子レンジになれすそうですね。

 

「なぜ電子レンジ!?」とは考えないでください。

このゲーム会社はそういう会社です。この会社の”カラー”という事にしときましょう。

 

このゲームを見て、世界にはいろんな考えを持った人がいるなと思いました。

何がヒットするのかも分からないですし。

また、ネットの反響ってすごいなと改めて思いました。

 

これからもこのゲーム会社にはカオスなゲームを作ってほしいと思います。


Sponsored Link




 

サブコンテンツ

このページの先頭へ