沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

スポンサーリンク

緑のカーテンでもお馴染の夏の人気食材「ゴーヤー」

 

ゴーヤーと言えば定番の「ゴーヤーチャンプルー」ですね。そしてあの独特な苦さ。これが苦手でなかなか手が出しづらい方も多くいらっしゃると思います。

 

あの苦みが苦手な方朗報です。実はゴーヤーの苦みの取り方ってあるんですよ!完全に苦みを消すってわけではないのですが、そこそこ抑える事が出来ます。しかも簡単です!

 

と言う事で今回は、ゴーヤーの苦みの取り方・苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゴーヤーの苦みの取り方

薄くスライスして塩でもむ

一番オーソドックスな方法は薄くスライスして塩でもむ事です。

 

ゴーヤーの苦味成分であるモモルデシンは水溶性で、塩もみする事で細胞を壊し、水分を出す時に一緒にモモルデシンも出てくるため苦味が和らぎます。

 

ゴーヤー1本に対して小さじ1ぐらい。薄くスライスしてから塩もみして10分ぐらい置きましょう。

 

砂糖でもむ

砂糖でもむ。意外ですがこれが結構効きます。

 

おすすめの方法は塩と一緒にもむ事。塩と一緒にもむ事でより水分を出して苦味成分を抜く事が出来ます。小さじ2杯ぐらいを目安に。

 

茹でる

沸騰したお湯でさっと茹でるだけで苦味を結構抑える事が出来ます。

 

茹ですぎるとせっかくのビタミンまで抜けてしまうので、茹ですぎには注意(目安は30秒ぐらい)。また、電子レンジで1分ぐらい加熱するのもいいそうですよ!

 

油で炒める

ゴーヤーのもう一つの苦味成分チャランチン。

 

モモルデシンとは違い脂溶性のため、油で炒めたり揚げたりすると溶けだして苦みを和らげる事が出来ます。サラダ油、ごま油の他、豚肉などと一緒に炒めるのもおすすめです。

 

かつお節と合わせる

かつお節のアミノ酸は、ゴーヤーの苦味成分と合わさる事で旨味にかわるそうです!

 

  • 薄くスライスする
  • 塩、砂糖でもむ
  • 茹でる
  • 油で炒める
  • かつお節をかける

この手順で作れば苦味は抑える事が出来るはず!?

 

クックパッドの人気TOP3

人気No.1 旨い!ゴーヤチャンプル

沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

出典:http://cookpad.com/

詳しいレシピはコチラ

 

人気No.2 苦くない♪簡単☆ゴーヤチャンプル♪

沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

出典:http://cookpad.com/

詳しいレシピはコチラ

 

人気No.3 簡単!激ウマ!ゴーヤチャンプル

沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

出典:http://cookpad.com/

詳しいレシピはコチラ

 

 

まとめ

沖縄人が教える!苦くないゴーヤーチャンプルーの作り方!

 

いかがでしょうか。今まで苦くてなかなか手が出せないと言う方はぜひ試してみてください。

ゴーヤーを食べて暑い夏を楽しみましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ