入学祝いを渡さないのは非常識?あげたくない場合は?

入学祝いを渡さないのは非常識?あげたくない場合は?

スポンサーリンク

結婚祝いや出産祝い、就職祝いや卒業祝いなど、日本にはいろんな祝い事の習慣があり、主に金銭を包んで渡すという習慣があります。

 

相手の幸せを祝うという習慣自体は素晴らしいものですが、経済的な問題や渡す相手との付き合い等様々な理由で出来るのであれば渡したくないという方も中にはいます。

 

家庭や地域、世代によって習慣が異なることもあり、一概に絶対に渡す・渡さなくてもいいの判断が難しいところですね。今回調べてみて、実際に悩んでいる方も多くいらっしゃるということも知りました。

 

ということで今回は、入学祝いは渡すべきか、渡さなくていいか調べてみました。

スポンサーリンク

入学祝いを渡さないのは非常識なのか

結論から言いますと、渡さないのは非常識ではありませんが、甥っ子姪っ子には渡すというのが一般的です。

 

やはり上述のとおり家庭や地域などにより習慣が違うので一概には言えませんし、誰に送るかにもよります。また、日頃から付き合いが有るのか無いのかにもよりますね。

 

親戚であっても1年に1度顔を合わすか合わさないかぐらいの関係では渡さない方もいれば、親戚ではないが普段から交友がある親しい友人なので渡すといった具合です。

 

そもそも気持ちを送るものですから、渡さないのは非常識なんてことはないんですけどね。本来は。

 

もし、渡そうかどうか迷ったら、少額でいいので形として渡してはいかがでしょうか。後から「あの時渡したほうがよかったかな・・・」と心配する事も無くなりますし。

 

みんなの意見

yahoo知恵袋などのサイトを見てみると、入学祝いを渡す・渡さないの判断に迷っている方、渡さないのは非常識なのか悩んでいる方が数多くいらっしゃいます。

 

その中からいくつかピックアップしてみました。

 

相談内容①

遠方に住んでいる姉の子供が中学一年生と、小学一年生りました。おめでたいなと心から思っていますが、金銭的に苦しくて、入学祝いをあげれませんでした。

 

やっぱりあげれば良かったかと後悔して、姉にごめんねとメールしましたが、小学校と中学校は誰でも入れるしお祝いはいらないよ!と言ってくれました。
普通は入学祝いはあげるものですか?

 

この相談に対する回答

  • 私は入学祝いを貰ったことがないし、私の両親もいとこなどにあげてませんでしたし、「するのが普通」とは思わないですね。
  • したい人はするんでしょうけど、義務教育は誰でも入れますし必要があるとは思いません。
  • お互いあげあうことになるだけで面倒くさくなるだけでは?
  • 余裕のある時にあげたければあげればいいんじゃないかなと思いますよ。
  • 人には、それぞれ家庭の事情があるし、そんなに気にするようなことじゃないと思いますよ。

 

相談者は、渡したいけど金銭的な理由であげることができないということですが、この相談に対するアドバイスとして、入学祝いは必ず渡すというが常識ではない。お互いにあげあうことになる等、様々な意見がありますが、やはり家庭によって対応が違うという印象がありますね。

 

また「余裕のある時にあげたければあげればいいんじゃないかなと」という意見もあり、必ずしも入学時にあげなくてもいいと思います。大切なのは祝う気持ちですね。

 

相談内容②

私たち夫婦は子供に恵まれませんでした。義弟夫婦へは結婚祝い、出産祝い、入園祝い、毎年のお年玉とあげていますが、お返しは一切ありません。いつもお祝い事がこちらからの一方通行です。

 

毎年のお年玉は実家に新年の挨拶にいった時に、義弟一家がきて、私たちがお年玉をわたした途端、友達がくるからと帰っていきます。お年玉も一人5千円で2人分。気持ちで、たとえ千円の菓子折りでもお返しがあったら、こんな気持ちにはならないのにと思います。

 

わずかなお金でも貯蓄にまわしたいのが本心です。入学祝いは、いくらくらい包んでいますか?入学祝いをあげないのは、非常識ですか?

 

この相談に対する回答

  • 義理弟さん夫婦かなりあつかましいですね。もらうものだけもらって、自分は一切何も出さないなんて。それこそ非常識では?
  • お年玉は数少ない親戚で子供も当てにしてるだろうし、甥姪が居る以上、我慢しかないんじゃないですか?その代わり、ある程度おおきくなっても絶対に金額は上げない。形だけ。
  • 出産、入園等で祝儀をもらっていながら、新築祝いをださない人に、入学祝を渡さなくても、いいんじゃないですか?
  • 入学祝いを贈らないとしても非常識だとは思いません。仮に礼儀しらずの義弟夫婦に「非常識だ」と非難されてもそれは無視すればよろしいことです。

お返しがいっさいなし。お祝い事がこちらからの一方通行。経済的な理由、普段から付き合いがない以外であげたくないと思う方はこのパターンが多いのではないでしょうか。

 

この相談に対するアドバイスでも、「かなりあつかましい」「入学祝を渡さなくても、いいんじゃないですか?」と、貰っておきながらお礼の一言も言わない相手方に問題がある、といった意見が多くみられました。

 

お祝い事は気持ちですから、お返しを期待するのは違うのでは?と感じる方もいらっしゃると思いますが、それ以上に、貰った恩を返さないほうがどうかと思いますね。

 

もちろん、お返しをしないほうにも何かしら理由があると思いますが、お礼の一言も言わないのは非常識だと思います。

 

渡したくない場合はどのように伝えるか

様々な理由から渡せない・渡したくない場合は無理して渡す必要はありません。では、どのようにこの事を伝えるか、どのように伝えれば角が立たないのか・・・

 

やはりこれは難しいですが、経済的に厳しい方はお金ではなく何か”物”を本人にプレゼントするのはいかがでしょうか。

 

普段入学祝いとして1万円を包んでいたとして、プレゼントは5000円または3000円分にするなどをして、パッと見わからないようにすることが出来ますし、プレゼントだともらった子供は喜ぶので一石二鳥。

 

そして、そもそも相手に何も送りたくないという方はその意思を夫婦で相談したり両親に相談するのが一番だと思います。ズバッというのは角が立ちますしね。

 

なので自分一人では判断せず、自分の意思を夫婦間で共有する、両親から相手夫婦にそれとなく伝えてもらうという手段もあります。

 

もし自分から相手に伝える場合には、「お互いあげあうことになるだけで面倒くさくなるだけでは?」という理由で今後は無しにする方向に持っていくのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ