【注意】敷金・礼金0円物件のメリット・デメリットとは?

【注意】敷金・礼金0円物件のメリット・デメリットとは?

 

お部屋探しをしている時によく目にする

「敷金、礼金0円」という物件情報。

 

初期費用を抑えられてお得!

と考えてる方もいると思いますが

敷金・礼金0円にはどんな

メリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

調べてみました。

 


Sponsored Link




 

 

そもそもなんで敷金・礼金が0円なのか?

まずは簡単な説明から。

 

敷金(保証金)の意味

敷金とは、賃料の担保として預かる

保証金的な役割を持っています。

部屋を傷つけた、壊したときの修理代や

退去する時のクリーニング代なども

敷金から支払われます。

 

関東では「敷金」、関西では「保証金」

と呼ぶ事が多いです。

 

礼金の意味

礼金は、部屋を貸してくれた大屋さんに

お礼として渡すお金です。だから”礼”金。

 

この”礼金”と言うシステムは昔からあります。

戦後、焼け野原で住む場所がない人に

部屋を貸してくれたことに対するお礼として

”礼金”と言うものができました。

 

今は住む場所に困らないのですが

形だけ残っています。

 

なぜ敷金・礼金0円なのか

これにはいろんな理由がありますが、

単純な話、人気のない物件なのかも・・・

 

駅から遠い、周りにスーパーがないなど、

立地条件があまり良くない場合や、

お隣さん、住民がコワイ人たちだったり、

もしかすると欠陥住宅だったり。

いろんな理由で人気のない物件かもしれません。

 

大屋さんは入居者がいないと

儲からないので困りますよね。

敷金・礼金で儲けるのではなく、

とりあえず住んでもらって家賃をもらおう

そう考えるわけです。

 

敷金・礼金0円のメリット

 

初期費用が抑えられる

メリットと言えば何と言っても

初期費用が抑えられる事!!!

これにつきますね。

 

仮に家賃8万円の物件を借りる際、

初期費用で敷金・礼金は共に家賃1カ月分

と設定されている場合が多いです。

 

これが0円になるのですから、

16万円は抑えられる事になります。

 

意味のない礼金を払わないで良い

今の時代、礼金は何の意味もありません。

ただ昔の風習と言うかシステムだけが残り

支払いをしているだけなのです。

 

敷金・礼金0円のデメリット

 

家賃が高く設定される

初期費用を抑えたかわりに、

家賃が高く設定されている事があります。

 

上記で説明したとおり、

とりあえず住んでもらって

家賃収入を得ようと考えています。

 

なんだかんだ費用を取られる

「入居前のクリーニング代」やら、

「入会金」という謎の代金など

なんだかんだ費用を取られるケースも。

 

これは契約時にしっかり確認しましょう。

 

退去時のクリーニング代が高額

一番厄介なのがこれですね。

 

入居者が退去時のクリーニング代が

いくら掛かるのかわからないから厄介です。

 

高額請求される可能性もあるので

入居前に確認しましょう。

 

あと、部屋は出来るだけ傷つけないよう

きれいに使うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

敷金礼金0円の物件はよく見かけるので

「初期費用を抑えられる」という

謳い文句に惑わされずに注意しましょう。

 

それでも初期費用を抑えたい方は

たくさんいると思います。

 

契約内容をしっかり確認するのはもちろん。

部屋の壁や床が傷ついてないかチェック。

もし、傷を発見した場合は、

デジカメで撮影し最初からこの状態だった

と説明しましょう!! 


Sponsored Link




 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ