【BBQ】バーベキューに必要な道具・持ってると便利なアイテム

【bbq】バーベキューに必要な道具・持ってると便利なアイテム

スポンサーリンク

海や山で行うバーベキューやキャンプは日常を忘れる事ができ、楽しいものです。

 

ですが、いざバーベキューやるぞ!って気合を入れても慣れてなければ何を準備したらいいのかわかりませんね。

 

そして、最悪なのが現地で忘れものに気付く事。山の中や海でのバーベキューの場合、コンビニやスーパーが近くになく時間をかけてお店を探すか自宅にとりに帰る羽目になりかねません。

 

これだけは絶対に避けたいですよね。そうならない為にもバーベキューの準備って大切です。

 

今回は、バーベキューに必要な道具。持っていると便利なアイテムをまとめました。

 

バーベキュー初心者はもちろん、慣れてる方も新たな発見があるかも!

スポンサーリンク

バーベキューに必要な物

BBQコンロ

【bbq】バーベキューに必要な道具・持ってると便利なアイテム

これがないと始まりません。

 

ホームセンターで網と鉄板がセットになった物でも安くて3000円ぐらいであります。一度見に行きましょう。

 

また、1日5000円でレンタルしてるお店もあります。購入するか、レンタルするか事前に決めておきましょう。

 

ブルーシート・椅子・テント

炎天下での作業、休憩する時などテントがないとキツイです。

 

テントではなくても、日差しを遮る事が出来るものが必要となります。椅子やブルーシートも同様休憩する為に必要となるので用意しましょう。

 

炭・着火剤or燃料

BBQコンロの燃料によって変わります。

 

炭火コンロの場合は木炭。ホームセンターなどで5kg1000円ぐらいで販売しています。

 

大人5、6人ならば5kgあれば十分です。人数によってどのくらい購入するか調整しましょう。

 

着火剤があると比較的早く火起こしが出来るので木炭と一緒に購入しましょう。

 

また、ガスタイプの場合はLPガスやホワイトガソリンが必要です。

 

こちらもホームセンターに行けばたくさんの種類があります。人数に応じて量を決めましょう。

 

ライター・バーナー

炭タイプのコンロだけでなくガスタイプのコンロでも使うので用意しましょう。

 

木炭に火を付ける場合はライターより、バーナーの方がおすすめ!

 

軍手・炭用トング

火を起こす時に必要な、軍手とトング。

 

得に軍手は、火起こしだけでなく他の作業をする時や料理をする時、手を守ってくれる優れモノです!

 

クーラーボックス

食材や飲み物を冷やす為に必要です。と言うより必需品ですね。

 

保冷剤を持っている更に便利です。冷やすのを忘れずに!

 

皿・コップ・箸

皿は深め、コップは大きめが便利です。使い捨てではなく、マイコップなどでもOK!

 

また、割り箸は使い終わったものを着火剤として使用する事もできます。

 

包丁・まな板・ボール

現地で調理が必要な物があれば持っていきましょう。

 

氷・水・ソフトドリンク

鉄板を洗う時やソフトドリンクに使う氷。氷はロックアイスを用意しましょう。特に夏は多めに用意が必要です。

 

水は人数にもよりますが、最低でも2L必要です。近くに水道がない場合もあるので多めに持っていくといいです。

 

ソフトドリンクはみんなが飲めるようにお茶系、ジュース系、炭酸系いろんな種類揃えましょう。

 

各種調味料

「食材は揃えたのに調味料を忘れた」なんてことは結構多いです。忘れやすいので注意が必要です。

 

得に油は、鉄板・網に必須なので絶対持っていきましょう。

 

虫よけスプレー・蚊取り線香

虫対策グッズですね。特に夏場は必要です。これを忘れると地味に痛いです。

 

ティッシュ・ゴミ袋

掃除や片づけの時必要になります。

 

汚したまま帰ると地球にも悪いし管理している人にも悪いので必ずきれいにして帰りましょう。

 

持っていると便利なアイテム

ハンガー

【bbq】バーベキューに必要な道具・持ってると便利なアイテム

持っていると意外と便利な物No.1

 

普通にタオルかけとして。ゴミ袋をセットして簡易ゴミ箱。両端を内側に曲げてトイレットペーパーホルダー。蚊取り線香立て。などなど

 

使い方次第で何にでも対応できる最強のアイテムです。

 

新聞紙

硬く絞って着火剤になり、油ギトギトの鉄板を拭く時にも使えます。

 

また、靴が濡れた場合も中に入れて乾かす事もできますね。

 

水鉄砲

もちろん水遊びでも使えますが、強くなりすぎた火を消す時に便利です。

 

ウェットティッシュ

何かと便利なのがこれ。

 

ベトベトしたものを拭くとき水を使うのはもったいないのでウェットティッシュが使えます。

 

トイレットペーパー

近くのトイレにトイレットペーパーが必ずあるとは限りません。万が一の為に準備しましょう。

 

ウォータータンク

使い終わった道具などを洗う時、水道が近くに無い場合もあるので準備しておくと便利です。

 

ガムテープ

ヒモの代わりに何かをくっつけたり穴を防いだり地味に使えるヤツです。

 

ビニールヒモ

荷物をまとめたり梱包する時に使うヒモ。レジャーシートやテントを固定する時にも力を発揮します。

 

カッター

こちらも結構忘れてしまう「カッター」。

 

ビニールヒモが切れない(涙)とならないように用意しましょう。

 

アルミホイル・ラップ

これこそまさに名脇役。

 

食器にあらかじめラップをまいておくと使い終わった後ラップをはがすだけで汚れを取る事ができます。洗う手間を省けますね。

 

アルミホイルはアルミ焼きはもちろん、フライパンや鍋の覆う事でススが付かずに済みます。コンロの炭の下に敷いておくと片づけも簡単にできます。(炭が高温の場合は解けるので注意)

 

おすすめ食材&スイーツメニュー

BBQって毎回同じような食材でワンパターン化しやすいです。

下記の記事では、変わり種食材、海鮮食材、おすすめのスイーツメニューを紹介しています。あわせてご覧ください。

海鮮バーベキューでおすすめの食材まとめ【魚介系】

バーベキューでおすすめの変わり種食材はこれ!

バーベキューのデザートに食べたい絶品スイーツメニュー

 

炭火・ガスグリル・卓上コンロ・焚火台まとめ

種類が多くてどれを選べばいいかわからない方必見です!

バーベキューにおすすめの炭火&ガスコンロ・グリルまとめ

バーベキューにおすすめの卓上&焚火台グリルまとめ

 

裏技!ビールを短時間で冷やす方法!

いざビールを飲もうと思っても、ぬるい。まあ、ありますよね。今すぐ飲みたいので短時間でキンキンに冷やしたい!というわがままをかなえる方法、実はあります!

下記の記事では、ビールを短時間で冷やす裏ワザを紹介しています。

【BBQ】バーベキューで缶ビールをキンキンに冷やす方法

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

バーベキューに必要な物って意外とあるんですよね。持っていくものリストを作り忘れないように工夫しましょう。

 

最後に、これらをそろえた時いくらするのか簡単に計算しました。

BBQコンロ 3000円
ブルーシート 500円
椅子×2 2000円
テント 10000円
炭・着火剤 1000円
ライター 100円
トング・軍手 200円
クーラーボックス 2000円
皿・コップ・箸 300円
包丁・まな板・ボール 300円
水・氷・ソフトドリンク 2000円
各種調味料 1000円
虫よけスプレー 500円
ティッシュ・ゴミ袋 500円
合計 23400円

 

ハンガー 100円
新聞紙 0円
水鉄砲 100円
ウェットティッシュ 200円
トイレットペーパー 100円
ウォータータンク 500円
ガムテープ 100円
ビニールヒモ 100円
カッター 100円
アルミホイル・ラップ 200円
合計 1500円

 

両方合計で24900円!!!・・・結構しますね。

 

ちなみに、食材は含めてないので別途料金が発生しますのでご注意を!

 

まぁ、あくまで”全部”必要な場合です。既に持っているものがあると更に安く抑える事が出来ます。

 

参考までに。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ