風邪の時は風呂に入っていいの?洗髪は?入り方のポイントを紹介!

風邪の時は風呂に入っていいの?洗髪は?入り方のポイントを紹介!

スポンサーリンク

風邪を引いた時、皆さんはお風呂に入りますか。それとも入りませんか。

私は小さい頃に親から、「風邪を引いたらお風呂に入るな」と言われた記憶があり、風邪の時は基本的にお風呂に入らないようになりました。

 

しかし、家庭によっては風邪の時でも普通にお風呂に入るところもあるので、実際どっちが正しいのかと思いました。

ということで今回は、風邪を引いた時はお風呂に入ってもいいのかダメなのか。また、シャンプーはしてもいいのか等を調べてみました。

 

▼こちらもおすすめ▼

風邪で食欲がない時は無理に食べなくても良いって本当?

湿度を上げて乾燥対策!ベストな湿度ってどれくらい?

乾燥対策で「濡れタオル」は効果あるの?

スポンサーリンク

なぜ風呂に入ったらダメと言われていたのか

そもそも、何が理由で風邪の時はお風呂に入ってはいけないか。という疑問が真っ先に出てきますが、その最大の理由は、お風呂上りに湯冷めするからです。

 

昔の家は内湯がある家は少なく、銭湯でお風呂に入って温まっても家に帰ってくるまでに体が冷えきってしまいます。風邪を引く→お風呂に入る→湯冷めして風邪が悪化。この流れがあるから風邪を引いた時は風呂に入ってはいけないと言われてきた由縁です。

 

しかしこれはもう「昔の話」です。

今の家はほぼすべて家の中にお風呂がありますし、脱衣所や浴室に温度調整できるように暖房が備え付けられている家もあり、お風呂に入っても湯冷めはあまりしません。むしろ体を温めることで風邪が治りやすくなるし、喉がイガイガする時も蒸気を吸い込むことでその症状が和らぎますのでお風呂は入ったほうがいいです!

 

風邪を引いて、体が冷え切っているときこそお風呂に入るのは効果的です。主に下記のメリットがありますのでお風呂に入れる余裕がある時は入るようにしましょう。

  • 冷え切った体を温め代謝を高める
  • 体のコリをほぐす
  • 蒸気で加湿できる
  • 肌を清潔にできる

 

髪は洗ってもいいの?

基本的に風邪を引いた時でもお風呂は入ってもいいですし、髪を洗うのも大丈夫です。

 

ただ、髪を洗うと結構時間がかかりますので、体がだるい時は結構負担になるものです。また、お風呂から出たらドライヤーでしっかりと髪を乾かしましょう。濡れたまま放っておくと湯冷めすして風邪が悪化するので注意が必要です。

 

お風呂に入らないほうがいい場合もある

いくらお風呂に入ってもいいと言っても、体調次第では入ってはいけない場合もあります。

  • 高熱が出て体力がない時
  • だるくて動くのがつらい時
  • 下痢・嘔吐がある時

上記のような症状が出ている時は、体力が低下しているので入浴することでさらに体に負担をかけてしましますので、お風呂に入るのは控えたほうがいいです。

 

自分の体と相談して、お風呂に入るor入らないの判断をしましょう。

 

それでも、どうしても入りたい場合は・・・

高熱で体がだるくてお風呂に入る余裕がないけど、体はかゆいし髪も脂ぎってるしお風呂に入りたい・・・ということもあるかと思います、そんな時はシャワーだけで済ませるのもいいと思います。

 

髪はシャンプーで洗わずお湯で流すだけでも汚れはそこそこ落ちますし、体をサッと洗ってしっかり水気をふき取り髪を乾かしましょう。

 

シャワーに入る体力もない時は、タオルをお湯で濡らして固くしぼり、それで体を拭くといいですよ。またシャンプーもできない時は、手軽に髪の地肌を洗浄でき爽快感が得られるドライシャンプーもおすすめです。

 

 

お風呂に入る時のポイント

風邪の時のお風呂は、いくつかのポイントがありますので紹介します。

  • 熱すぎるお湯はNG!
  • 長時間入らない
  • 浴室を暖かくしておく
  • お風呂から出たら体も髪もしっかり乾かす
  • 入浴後は水分補給を!

まず、お湯が熱すぎると体力を消耗するので、風邪を引いているときはNGです。38度ぐらいの温度でさっと上がりましょう。また、浴室の室温も重要です。寒かったらお湯から出た瞬間に湯冷めしますね。気を付けましょう。

 

お風呂から出た後も油断できません。湯冷めしないように体と髪をしっかり拭いて乾かしましょう。そして水分補給も忘れずに!!

 

まとめ

いかがでしょうか。基本的には風邪を引いた時でもお風呂に入っても大丈夫です。自分の体と相談しながらお風呂に入りましょう。

 

▼こちらもおすすめ▼

風邪で食欲がない時は無理に食べなくても良いって本当?

湿度を上げて乾燥対策!ベストな湿度ってどれくらい?

乾燥対策で「濡れタオル」は効果あるの?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ