驚異の守備範囲!マルエル・ノイアーのプレー集

驚異の守備範囲!マルエル・ノイアーのプレー集

 

FIFAが昨年12月に発表した

2014年最も輝いた選手に贈られる

バロンドールの候補3人である

クリスティアーノ・ロナウド

リオネル・メッシ

そして、マヌエル・ノイアー

 

クリロナとメッシはもう常連ですね。

毎年候補に入ってますよね。

彼らは誰もが認めるスーパースターです。

 

ですが、ノイアーは違います。

過去にバロンドールの候補に挙がった事はありません。

 

まず、ゴールキーパーが

最終候補に残っていること自体が異例ですね。

 

バロンドールの歴史でGKの受賞は、

1963年のレフ・ヤシンのみですね。

 

その後、ブッフォンやオリバー・カーンが

2位、3位になったことはありますが、

バロンドール受賞にまでは至ってません。

 

では、なぜ彼が注目されたかというと

W杯とクラブでのパフォーマンスですね。

 

特に、W杯での活躍はヤバかった。

 

安定したセービングに、

193cmの巨漢でありながら俊敏な動き、

そしてなりより、守備範囲の広さ。

 

次世代のGK像ですね。

 

はい、という事で今回は

バロンドール受賞するかもしれない

マヌエル・ノイアーのプレー集をまとめてみました。

 


Sponsored Link




 

 

プロフィール

マヌエル・ノイアー

1986年3月27日

身長:193cm 体重:90kg

所属:バイエルン・ミュンヘン ドイツ代表

 

ドイツ・ゲルゼンキルヒェン出身で

地元の強豪シャルケ04のユース出身。

 

まだ無名だった2010-11シーズン、

CLで神セーブを連発し注目を浴びます。

彼の活躍もあり、シャルケ初のベスト4入り。

その後、ドイツの強豪バイエルンへ移籍。

 

バイエルンへの移籍後は

いろいろヤバかったですね。

 

バイエルンサポーターからは、

「俺らは君を受け入れない」等の

横断幕が掲げられていたし、

 

古巣シャルケのサポーターからは、

「裏切り者」「馬鹿野郎」と罵声を浴び、

「マルエル・ノイアーの死をここに偲ぶ。」

という横断幕もありました。

 

船出は決して良好なものではなかったね。

 

現在は、バイエルンのみならず、

リーグを代表するGKへ進化しました。

 

プレースタイル

安定したセービング。抜群の反射神経。

巨漢ながら俊敏な動き。そしてイケメン。

 

彼の良いところはたくさんありますが、

やはり注目は守備範囲の広さですね。

 

もうホントに異常です。

もはやGKの守備範囲ではないです。

 

本来GKのポジションはゴール前です。

ですが彼はポジションにとらわれず、

グラウンドの半分ぐらいまで上がります。

 

そんなに上がってしまうと普通であれば、

相手のカウンターを食らい失点しますが、

彼は相手にカウンターすらさせません。

すぐ潰しに行きます。

 

きっと、それを可能にしているのは、

足の速さと判断力ですね。

どれだけヤバいのかは動画をご覧ください。

 

スーパープレー集

 

 

 

 

2011年3月12日、対フランクフルト戦

内田は前日に日本で起きた東日本大震災の

被災地へ向けたメッセージを送る為に

メッセージ入りのユニフォームを持っていました。

 

彼は「今日、それを見せるのか」と問いかけ

内田は「勝てば見せる。負けたら見せない」

と答えるとノイアーは、

「じゃあ勝つ。俺が守るから今日は勝てる」

と声をかけたそうです。

 

試合はノイアーのアシストもあって

彼の宣言通り、4試合ぶりに勝利しました。

 

試合終了後、チームメイトと共に

控室へ戻ろうとした内田に気付き

再びファンの前へエスコートして

メッセージを披露させました。

 

ノイアー、イケメンすぎます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

彼は間違いなく現代最高のGKです。

 

それは選手としてだけではなく、

人間的にも最高の人物です。

 

内田との動画を見たらわかります。

 

1月12日に発表されるバロンドール。

誰が受賞してもふさわしいですが、

彼が受賞する事を願っています。

 


Sponsored Link




 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ